個別指導塾のメリットとデメリット

個別指導の塾が流行っています。ですが個別指導を受けても子供の成績が伸びない場合があります。個別指導に適している子供とそうでない場合もあります。どんな子が個別指導塾に向くのか、授業形式の塾が適している子についても説明します。

個別指導塾のメリットとデメリット

個別指導塾には様々なメリットがあります。一つ目に、講師に質問しやすい環境が整っているという点が挙げられます。個別指導塾は、生徒と講師が一対一になる機会が非常に多いです。そのため、気軽に何度でも質問…

こんな子が個別指導に適している

個別指導とは文字通り講師が生徒と1対1ないし1対5など、講師が個別対応のできる人数を担当する形式の事を指します。人が多い場所だと萎縮してしまう子や、他の子の主張に押されて自分の主張を控えてしまうよ…

成績が伸び悩んでいる子供は個別指導でやる気を応援

一人一人の能力に合わせて指導してもらえるのが個別指導の塾です。成績が伸び悩んでいる子供は、能力に合わせた学習ができ、やる気がでます。

忘れてならない授業形式の塾

個別指導塾のメリット

個別指導塾は先生1人あたりの生徒が少ないので、生徒一人一人のわからないところから指導できるというメリットがあります。生徒の多い集団塾だと生徒が問題を解く時にどのような思考回路で解いているか講師が観察することは難しいですが、生徒の数が少ない個別指導塾であればじっくりと観察するができ、どうしてわからないかを知ることができます。他にも生徒のすぐ近くで講師が指導できるので生徒と講師の間で自然に会話が増え、生徒が塾に通いやすくなるというメリットもあります。さらに個別指導塾は集団塾に比べて講師の数が多いので、他の先生が振替しやすいという点もメリットの一つとなっています。集団塾では休んでしまうと振替がしづらいですが、個別授業は柔軟に対応できます。

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のデメリットは生徒が少ないことから競い合える友達が少ない点が挙げられます。個別指導塾は生徒と講師の交流は深いですが、生徒同士の交流が少ないので塾の友達ができにくいという特徴があります。それによって友達とテストの点数を競争したり、自分の勉強方法を他と比べたりできなくなるので、勉強へのモチベーションが上がらない場合があります。子どもによっては集団塾の中で友達と競い合いながら学力をアップさせる方が向いている場合もあるので、子どもの特性をしっかり見極めることが大切です。他にも先生との距離が近すぎることによって授業に緊張感がなくなったり、授業の進度が遅れやすくなったりする恐れがあります。このようなデメリットを理解した上で個別指導塾を選ぶことがポイントになります。

変わった塾の形式

授業をしない塾・教えてくれない塾

集団授業や個別指導など、様々な形の塾がありますが、授業をしない塾や教えない塾もあります。このような塾で行われることは、生徒それぞれの学習プランの作成と学習管理です。塾の職員と面談をして、今の学力に…

医学部受験はコミュニケーション能力のアップから

医師という職業は学力が高い人が就くものと思われがちですが、ただ学力があるだけでは医師になることはできません。医師は適切な治療を行うために患者との信頼関係の構築が重要なので、コミュニケーション能力も…

やる気を引き出すのが塾の仕事

塾は生徒の学力を向上させるのが最終的な目的になりますけど、そのためには生徒のやる気を引き出すことが大事です。生徒のやる気を引き出すことが出来なければ、生徒一人一人のモチベーションが低い状態で授業を…

© Copyright Good Individual Schools. All Rights Reserved.